menu

《消費者金融》即日審査・即日融資で借りる為の7つの条件

信用履歴の情報開示について

過去に債務整理を行っていると消費者金融のカードローンに申し込んでもほぼ確実に審査に落とされます。信用履歴に載っているあなたの債務整理の記録が時間切れで消えない限り、審査に通ることはできません。

この債務整理の記録が消える期間の長さは5年から10年と言われていてはっきりしません。銀行業界や消費者金融など各業界で別にこの信用情報を扱う団体が存在しており、情報は共有されていますが記録の削除までの期限は各団体でまちまちなのです。

もし審査に申し込んで落ちてしまうと、信用履歴にはそのことも記載されてあとの審査に不利な材料となります。できれば確実に審査に通りたいという方は、信用履歴を扱う団体に情報開示を求めることができます。消費者金融系の信用情報を扱う団体は株式会社日本信用情報機構(JICC)です。ここに情報開示を求めることであなたの信用履歴にまだ債務整理の事実が載っているかどうかが確認できます。もし記録が消えていれば、消費者金融の審査に問答無用で落ちることはないでしょう。

情報開示の方法は実際に窓口へ行くか、携帯やスマホで申し込む、または郵送で申し込む方法があります。手数料はコンビニ払いや為替証書も使えるのでクレジットカードを持っていない方でも大丈夫です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2017年12月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031